ハクビシン対策にハクビシン忌避剤

img1-1

ハクビシンは東南アジアやインド周辺の国々に生息するイタチ科ジャコウネコ属に属する生き物で、日本に持ち込まれたのが江戸時代からのため日本にも広く分布しています。


これまでハクビシンは山に生息していたのですが、それが人間が生息域に侵入してしまったことで自宅の中に侵入する事例が後を絶たなくなっています。野生化した動物は山だけでなく暗く湿った場所にも足を踏み込むので、体にはダニやノミがいるだけでなく体内には有害な細菌や寄生虫がいるので健康被害になってしまいます。

ハクビシン忌避剤における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

そこで家の中にハクビシンが侵入した時には繁殖する前に駆除することが大事です。


その駆除の方法として人間にもハクビシンにも被害を出さない方法がハクビシン忌避剤です。
これまでの駆除方法は直接手づかみするか、眠りもしくはしびれ薬の入った餌を食べさせて体が動かなくなったところを捕まえるのが一般です。



しかしこれらの方法は噛みつかれるリスクもあるし、なにより逃がしたとしても帰巣本能で舞い戻るリスクもあります。
効果がないからといって、殺す毒入りでは生態系に問題が出るし使い方を誤ったら人間にも害になります。



そこで人間にも動物にも害を出さないようにするのがハクビシン忌避剤の役目です。ハクビシン忌避剤にはニンニクや石油由来の強烈なにおいを発するように成分を凝縮した液体が入っています。
ハクビシンは雑食ですが自然界では決して強いというわけではなく、イタチや野良犬や猫に襲われればひとたまりもないです。

そのためはハクビシンは嗅覚が発達しており、それらの天敵の臭いを常に嗅いで安全を確認しています。


しかしハクビシン忌避剤を塗られると、その強烈なにおい自体が苦手なのに天敵の臭いも消してしまうので近寄れなくなります。

害獣駆除の話

img2-1

ハクビシンとは東南アジアから中国に主に生息する動物で白鼻芯と書きます。文字の通り鼻から頬、耳元にかけて白いラインが入り、日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物です。...

more

害獣駆除の身になる知識

img3-1

ウルフピーとは天然100パーセントのオオカミの尿の事です。日本狼は絶滅してしまっていますが、他国には他の種類のオオカミが生息していますので、それを利用しています。...

more

害獣駆除の知っておきたい情報

img4-1

日本で厄介な害獣。その中の代表的な存在にカラスが挙げられます。...

more

害獣駆除の最新情報

img5-1

カラスは生ゴミや農作物を荒らしたり、ガァガァと不快感をもたらす鳴き声などが生活に悪影響を与えます。また、春から初夏にかけての繁殖期になると凶暴になり、人に襲いかかる事件もしばしば起こります。...

more
top